読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なポエム。など

小心者のブログでごんす。パラノイア的な

蟻感

先週、友人の披露宴に行ってきた。行きたくないなあ嫌だなあと3か月くらい前から思っていた。マウンティングや見下しが発生するかもしれないと思うと、行きたくなくなる。そもそも視線恐怖症っぽいところがあるので、集まりが苦手だ。披露宴の直前に精神を安定させようと思って、トイレで正露丸を飲んだ。正露丸のおかげもあってか、披露宴は普通に楽しかった。新郎に「お前、正露丸くさくね?」と言われたけれど。

 

披露宴の会場に向かうために、新幹線に乗っているときに、窓の外をながめると住宅街があって、それが「巣」のように見えて、そして、人間は「大きな虫」だと思った。披露宴の会場がある都市に着くと、人間がたくさんいてしんどくなった。けれどたくさんの人間が行き交っているのを見て、なんだか蟻っぽいな、と思ったあたりから楽になった。

 

どこかの話で、人間をカボチャだと思え、みたいなのがあったと思うけれど、私の場合はカボチャよりも蟻のほうがしっくりくる。とりあえず披露宴から現在までのあいだは、だれかの言葉や行動を嫌に思うことがあっても、「どうせ蟻じゃん…」と思うことでしのげている。人間を蟻だと思うことで楽になる、みたいなライフハック?はけっこうアリな気がしている。蟻だけに。それではみなさんよい週末を。