読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変なポエム。など

小心者のブログでごんす。パラノイア的な

等身大・尊大・おどおど

等身大でいようとするのはしんどい。たとえば誰かと話すとき、等身大でいようとすればおどおどしてしまう。おどおどするのは正直しんどい。僕は自分に自信がないし、たぶん自己肯定感も低いから、等身大でいようとすればおどおどするのは、自分を正当化するなら、しょうがないっちゃしょうがない。

 

誰かと話すとき、等身大でいようとすればおどおどしてしまう。だから僕は等身大でいたくないと思うことがままある。誰かと話すとき、等身大でいたくないと思えば、尊大あるいは卑屈になってしまう。自分を大きく見せようとした分だけ、尊大になってしまう。そして自分を小さく見せようとした分だけ、卑屈になってしまう。「卑屈」については今回は省略する。

 

誰かと話すとき、尊大になってしまうと相手に嫌な感じを与えてしまう。相手に嫌な感じを与えてしまうと、相手はこちらと話すことが嫌になる可能性が高い。だったら尊大にならないようにすればいいのだけれど、尊大にならないようにするためには、等身大でいたくないと思うことをやめ、等身大でいよう、おどおどしてもいいや、と思うようにしないといけない。

 

でも当たり前だけれど、おどおどしてしまうことが良いわけではない。誰かと話すときにおどおどしてしまうと、嫌な感じは与えないとしても、楽しい会話はしにくいだろう。こちらがおどおどしていたら相手は困るだろうし、相手によってはこちらを舐めてきて、いじってきたりおちょくってきたりする人だっているだろう。それから、おどおどすると心が疲れる。前向きな疲れではなく、後向きな疲れだ。おどおどするのは正直しんどい。

 

尊大になってしまうのも良くないし、おどおどしてしまうのも良くない。でもどちらかを選べと言われたら、僕はおどおどする方を選ぶ。なぜなら僕と話すときに尊大になってしまう人を知っていて、その人と話すときに僕は嫌な感じを与えられるからだ。その人みたいに相手に嫌な感じを与えたくないと思うからだ。と言いつつ、まあ、僕も尊大になってしまうことはままある。

 

誰かと話すときのこちらの態度としてベストなのは、「尊大」でも「おどおど」でもない。ベストなのは、きっと「(おどおどせずに)等身大」だ。でもこれがとても難しい。ほとんど反射的に尊大になってしまうか、おどおどしてしまう。どうすれば良いのか。オバマに相談したい。