変なポエム。など

小心者のブログでごんす。パラノイア的な

世界のどんなロボットも

世界のどんなロボットも、三十路の僕より役に立つ。 世界のどんなロボットも、僕と違って嘘を吐かない。 世界のどんなロボットも、僕と違って途方に暮れず、 世界のどんなロボットも、僕と違って鬱にならない。 世界のどんなロボットも、僕よりうんと価値が…

枝と幹

汗かく枝の咲かせた花に つばを吐くのは悪性の幹 組織はいつもうねりつつ かたい成果をひねり出す か細い幹は枝に指示して 反発くらう社会の厳しさ 全ての枝が悪性だろうと 彼らはきっちり汗をかく 老父は過去をゆでながら 枝や幹などお構いなしに 蚕のよう…

火星でくらして思うのは

火星でくらして思うのは カツカレーがなつかしい 火星でくらして思うのは 海外ドラマがなつかしい 青い星から手紙がとどく 差出人はキツツキだった キツツキからの手紙には 猫がほしいと書いてある ここは大気がうすいのに わたしはなぜか息をする 本当にわ…

条件なしに光れる日々を

条件なしに光れる日々を 捨ていくあなたの羽衣に かける飾りが見つからず 哀しい気分になっている 並みの順序でよいものを 寵児に合わせて心音速く 乱れたリズムで進むのか かける言葉が見つからず あなたを空から掬い下げ 自分に対する慰みとして 自若の唄…

ブルーリスナー

つながる生糸で心を切って 笑ってみせる責はないのに どうして笑ってみせようと 栓を開くのブルーリスナー 遠くで化石の音が聞こえる ヒッチハイクはもう飽きた チーター改をチャーターだ しまうま模様のチーターさ つたない正義を心に飼って 仔虫のような大…

カラカラ

まっすぐ自分をなぐざめて のぼっていければ理想だが 社会のガードはあまくなく ねじれて終い何もえられず 今の順位をうけいれられず 逆さまピエロとあそぶ幼さ もっともらしい問いをたて その問いにのり圏外へいく まっすぐ自慰をしつづけて 気づけばうしろ…

倫理

ひっそり星をからだに宿して 見えない波を躱していければ 充分だろうと言い聞かせては そっと眼を閉じこころに通う 由無しが丘にとっぷう吹けば 明るいレタスは案山子と遊ぶ そこに倫理が埋まっていると 悲しみキャベツは静かに叫ぶ こっそりからだを抜け出…

スーパーマン

たすけてくれとこえがする これはワタシのでばんだな まっていろ、いまたすける マントをつけてしっぱつだ え〜、うそ、マントがない たしかつくえのひきだしに しまっておいたのだけれど こまった、どこにあるのか そうだ、せんたくしたんだ だからベランダ…

なんてやさしい雨だろう

なんてやさしい雨だろう なんてやさしい雨だろう 降っているのは涙だろう イーハトーブの涙だろう あゝ、もう傘はいらない あゝ、社会性もいらない この雨に打たれていたい ラッタッタ、ラッタッタ なんてやさしい雨だろう なんてかなしい私だろう 降ってい…

スター

いつもスターにあこがれている。 いまもスターにあこがれている。 きっとスターにあこがれつづけ、 いつもスターはとおくでひかる。 しんだら、星になるということ。 そんな言葉、しんじないけれど、 ふしぎと夜空をみあげてしまう。 しんだら、星になるとい…

感受性

わたしは今宵に渡します 感受性というガラクタを わたし如きの感受性など なくてもよいと思います わたしを度々まちがわせ 翻弄してきた感受性など 今宵に渡してやるのです やせた心のしじまと共に ……本当にそれでよいか ぽつり虚空に問いかける わたし如き…

to sing is business

きみを想って歌うよ きみを利用して歌うよ ぼくは悪いやつだ きみを利用するなんて こんな場所で きみを想って歌うなんて 売上のために きみを想うなんて ぼくは悪いやつだ きみを想って歌うけれど 届けたいのはきみじゃない これは愛じゃない これが愛なら…

折り目

同じような日々のなか なんとなく生きる喜び 田舎にぽつんと自販機 ブラックにしようかな 感情の球体が落ちても すぐに反応しないよう 秘密のワンクッション 少し大人になったのさ わたしはよく詩を書く しがない折り目として べつに書かなくたって 生きてい…

きっとなんにも成さぬまま

きっとなんにも成さぬまま 年だけ取っていくのだろう きっとなんにも成さぬまま ささいなことを大切にして きっとなんにも成さぬまま 書いた詩は認められぬまま 静かに老いていくのだろう つまらぬことにこだわって けれどもそれも悪くはない そりゃあ良くは…

maybe,maybe,baby

宝のありかは 分からないけれど ピザならピザ屋で 売っているから ぼくは大丈夫 maybe 友だちの作り方は 分からないけれど 寂しさのかわし方は 知っているから ぼくは大丈夫 maybe 他人のことは 分からないけれど 囚われるつもりは ないから ぼくは大丈夫 ma…

売れない恋のまんなかで

売れない恋のまんなかで くるしみ以外は不確かで 色んなきもちが渦を巻く 売れない恋のまんなかで わるい蛇を胸に飼わされ ぼくはそれに逆らえない 一体どういう構造なのか ぼくには全く分からない わるい蛇を胸に飼わされ なすすべもなく妄想をし まるで奴…

バグ

タモリは今日もTVで 笑っているよ元気だね そういやこの前原宿で 君を見たんだ午後三時 相変わらずキュートで 思わず紅茶を零したよ 笑っているよ午後三時 そういやこの前バグが あの年老いたコーギー 名前は何て言ったっけ ああそうだキュートだ 思わず今…

しろい胡桃をさがすんだ

しろい胡桃をさがすんだ あせらないでさがすんだ 小一時間だけさがすんだ それでみつからなければ その日はあきらめるんだ 夜から警備のバイトだし しろい胡桃をみつけたら さっさと家にかえるんだ 夜から警備のバイトだし また次の日もさがすんだ しろい胡…

夜のかもめをつかまえて

夜のかもめをつかまえて、 チークダンスを踊ろうか。 夜のかもめをつかまえて、 夜のかもめをつかまえて、 チークダンスを踊ろうか。 こんなに素敵な夜だから、 夜のかもめをつかまえて、 チークダンスを踊ろうか。 空はこんなに澄みわたり、 月はこんなにう…

君がいいならいいけれど

こんな時間に行くのかい 君がいいならいいけれど そんな格好で行くのかい 君がいいならいいけれど 少しはお金があるのかい 別にどうでもいいけれど 頼れるツテはあるのかい 別にどうでもいいけれど 行く理由はホンモノかい 別にどうでもいいけれど もしや焦…

もしもわたしが二人なら

もしもわたしが二人なら 今よりうまくやれるはず もしもわたしが二人なら リスクを回避できるはず もしもわたしが二人なら わたしが損するときには 得するわたしが発生して 損がへる仕組みにするぞ あ、待って、そうすると そういう仕組みにすると わたしが…

これがわたしのメッセージ

ごはんはおいしい方がいい これがわたしのメッセージ パンツはあらった方がいい これがわたしのメッセージ あしたはいいひの方がいい これがわたしのメッセージ シャツはきれいな方がいい これがわたしのメッセージ あそびはたのしい方がいい これがわたしの…

あそこ

あそこはめっちゃ遠いから あそこがここに来て欲しい わがままなのは生まれつき ああラーメンが食べたいな ここにいたくはないけれど あそこはめっちゃ遠いから あそこがここに来て欲しい 夏帆と食べたいラーメンを あそこがここに欲しいから さっきネットで…

パチンコなんかで命を燃やし

パチンコなんかで命を燃やし くらい季節を通りぬく ろくでもないと言われても それしか出来ない情けなさ 正論なんて幻さ だれもが何かを誤魔化している パチンコなんかで命を燃やし くらい季節を通りぬく 嘲笑われているような 気がして卑屈になってしまう …

やっぱりボクはこう思う

なんにもない日は退屈で バタバタする日は大変だ やっぱりボクはこう思う ちょうどよい日が一番だ なんにもしない日々では 退屈すぎてつらたんとん バタバタうごく日々では 大変すぎてつらたんとん やっぱりボクはこう思う ちょうどよいのが一番だ つづけて…

花を植えれば

花を植えれば 世界は変わる しかし花を植える人は あまりいない 決して難しくはない 行為なのに 花を植える人は あまりいない こんなにも高圧の 世の中で 花を植えるのは 容易ではない 焦燥の露を飲んでいては なおさら 花を植えれば 世界は変わる 決して難…

なんでもお金になっていく

なんでもお金になっていく そういう社会を生きている なんでもお金になっていく そういう時代を生きている なのにわたしの書くものは ちっともお金にならなくて もがいています今日もまた どれだけ投資をしているか なんでもお金になっていく お金にならない…

インターネットラプソディ

大人も子どももやっている インターネットラプソディ そこはカルマのたまり場だ インターネットラプソディ あいつは実名でやっている インターネットラプソディ いつしか社会になっていた インターネットラプソディ おいらは匿名でやっている インターネット…

君というノートに

君というノートに私の言葉を書かせてほしい そのために私は 一瞬の平和のささやかなくり返しを求めては 銀河の星々を透視し 故郷を座視する 君というノートに私の言葉を書かせてほしい そのために私は 汚れさえ包みこむやわらかな愛を夢見ては 災難はよく起…

わたしゃだれにも従わん

あんたが何か知らんけど、 わたしゃあんたに従わん。 あんたは偉いかもしれん。 だけどわたしゃあ従わん。 わたしに強制するやつは、 どんなやつでも敵やねん。 わたしに強制するやつは、 神さまやっても敵やねん。 わたしゃだれにも従わん。 従わんけど仕事…