変なポエム。など

小心者のブログでごんす。パラノイア的な

らくがき

らくがきはじゆうだ めちゃくちゃにかいてもいいし ていねいにかいてもいい まちのけしきをかいてもいいし にがおえをかいてもいい うばったのではない よういしたかみのうえであれば なにをかいてもいい じんせいもおなじだろう ふざけながらいきてもいいし…

ぎおん

いぬはわん ねこはにゃあ ぶたはぶー とんかつはじゅわ きゃべつはさくっ おさらはすんっ こっぷもすんっ みずはさーっ もしくはざーっ わたしはひょっ あなたもひょっ わたしとあなたで ひょひょっ

とおさとしあわせ

とおくにいくことと しあわせになることは いこーるじゃないっぽい あめりかにいったともだちは なんだかたいへんそうだ しゃっきんがあるらしい じもとにずっといるともだちは なんだかしあわせそうだ どうきゅうせいとけっこんして こどもがふたりいるそう…

ロックンロール

おいらみたいなやろうが さいごのさいごにすがるのは ロックンロールかもしれねえな まだいまはロックンロールなんて くだらねえってかんじだけど よのなかはもっとくだらねえよって ロックンロールのほうがましだよって さいきんよくおもうんだ だからおい…

みち

いくつもみちがあったら どのみちをゆくのか えらぶのにつかれて なんにもえらばないまま すわりこんじゃいそう ひとつしかみちがないほうが えらばなくていいから らくかなあとおもうけど ひとつしかみちがなかったら なんにもえらべないから つまんないな…

うみ

くるまにのってうみへいこう たいようのひかりをあびながら うみについたらはじけよう およごうおどろうふざけよう ゆうがたごろにはへとへとで だけどなんだかここちいい くるまにのってうみへいこう このなつこそはきみといっしょに

かいじゅう

ぼくがごじらのことを かいじゅうだとおもうように むしはぼくのことを かいじゅうだとおもってるのかな ぼくはむしがきらいで たくさんころしてるから むしにとってぼくは かいじゅうなのかもしれないな にんげんがごじらを たおしにいくみたいに むしがぼ…

あき

もみじがきれいだ あきだなあ ちんちろちんちろ あきだなあ すごしやすいなあ あきだなあ あきはやっぱり あきだなあ

はる

さくらがさいてる はるだなあ しんにゅうせいだ はるだなあ ぽかぽかおてんき はるだなあ はるはやっぱり はるだなあ

ふゆ

ゆきがふってる ふゆだなあ おでんがたべたい ふゆだなあ さびいよさびいよ ふゆだなあ ふゆはやっぱり ふゆだなあ

なつ

せみがないてる なつだなあ あいすがたべたい なつだなあ あぢいよあぢいよ なつだなあ なつはやっぱり なつだなあ

せいしゅん

まっしろなシャツにしみがつく あらってもあらってもとれなくて それでもなんとかとろうとして でもやっぱりとれなくて たくさんのじかんをむだにする それをせいしゅんとよぶのなら ぼくはせいしゅんがだいきらいだ

しすてむ

あなたがおかねを むりをせず かせげるように しすてむがある あなたがふりだしに もどったとしても またあるけるように しすてむがある あなたがじんせいを まあまあ たのしめるように しすてむがある あなたがさみしさを だれかと わけあえるように しすて…

かくれんぼ

みんなでかくれんぼをした ぼくはかくれてた ゆうがたになってもかくれてた おにがいえにかえってもかくれてた みんなががっこうをでて はたらきはじめておとなになっても ぼくはこどものままかくれてた いまもかくれてる なんでぼくはかくれてるんだろう み…

もも

すもももももももものうち りんごももももくだもののうち うなぎももももたべもののうち ふとんもももももののうち で もちろん もももももももももももも もものうち

かみさまのかんがえ

にんげんにとってのいいことは かみさまにとってのわるいことだったら にんげんにとってのわるいことは かみさまにとってのいいことだったら てんごくにいくにはいいことをしないで わるいことばかりしたほうがいい ばかなことをいうな! といわれるかもしれ…

いっしゅうかん

げつ か すい もく ちん ぽ にち

じゅうにし

ね うし とら う たつ み うま ひつじ ぺこ りゅうちぇる さる とり いぬ い

ばかになれ

ばかになれ っていわれても ぼくはもとから ばかなので これいじょう ばかになったら やばいっす!

てつがく

なにもないところには なにもないがあるから なにもないところは どこにもない なんでもあるところには なにもないがないから なんでもあるところは どこにもない つまりどんなところにも なにかがあるし どんなところにも なにかがない だからなんだよって …

まんざい

「げんき?」 「なんでやねん」 「じゃあげんきないの?」 「なんでやねん」 「どっち?」 「もうええわ」 「は?」 「ありがとうございました」

すごく

すごく すごくなって みんなから すごいと おもわれて おれは すごいぞ! となって で?

おっさん

おっさんには まいなすのおっさんと ぜろのおっさんがいる ぷらすのおっさんはいない じぶんのことを ぷらすのおっさんだと おもっているおっさんは まいなすのおっさん

詩というやつを つくるのは 歩くのに よくにている 詩というやつを つくるのは 絵をかくのに よくにている 詩というやつを つくるのは 木をうえるのに よくにている 詩というやつを つくるのは 最小単位の いとなみである

とうきょう

とうきょういきたくない とうきょうなんかいかない どうしてみんなとうきょうに あこがれるんだろう とうきょうにあこがれるのは ださいとおもうので ぼくはぎゃくに とっとりにあこがれよう

ねむいけど ねたくないときは ねながら ねないように すればいい ???

ほじほじ

ほじほじを やめると もてるらしいから ぼくは ほじほじを がまんする

はやめに

はやめに はじめないと あとから しんどいぞ なつやすみの しゅくだいも じゅけんの べんきょうも しゅうしょくの じゅんびも じぶんを しることも いまから はじめるのが いちばん はやいのよ

たいせつなこと

たいせつなこと わすれても だいじょうぶなら いいのにね たいせつなこと わすれたら どこかがこわれて しまうんだ たいせつなこと わすれたら くずかびょーきに なってしまう たいせつなこと わすれずに いきていけたら うれしいな

しりとり

てんじてんのうを おもいながら ひとりでしりとり りんご ごりら らっぱ ぱんだ だきしめて てんじてんのう うみ みらい いくら らくだ だきしめて てんじてんのう