変なポエム。など

小心者のブログでごんす。パラノイア的な

のりおくん

のりおくんはいつも へらへらしてるから むかつくし たまにへらへらしてない ときがあるけど そういうときも むかつく

むてき

むてきのひとと むてきのひとが たたかうのは じかんのむだなので むてきのひとと むてきのひとは たたかわないほうが いいとおもう

たましい

たましいとよばれるものが どこかからきて おなかのなかにいる にんげんにはいった にんげんはおなかからでると かぞくにはいって しょうがっこうにはいって しょうがっこうをでて ちゅうがっこうにはいって ちゅうがっこうをでて しゃかいにはいって ながい…

おにぎり

おにぎりのなかに へびのあたまがはいってたら どうしよう どんなおにぎりでも たべてみるまでは へびのあたまがはいってないとは いいきれないから ぼくはこわくて おにぎりをたべれない わけがない! ぼくはこれからも へびのあたまがはいってないとは い…

はずかしがりやのおすもうさん

はずかしがりやのおすもうさん はずかしそうにしこをふむ はずかしがりやのおすもうさん はずかしそうにとりくんで かってもまけてもはずかしそう はずかしがりやのおすもうさん はずかしそうにしてるのが おもしろいからにんきもの よこづなよりもにんきな…

かみさま

せんそうがあるのもびょうきがあるのも、 かみさまのせいなんよ。 かみさまはひどいんよ。 かみさまにしてみれば、 せんそうとへいわにはほとんどちがいがないんよ。 かみさまにしてみれば、 びょうきとけんこうにはほとんどちがいがないんよ。 かみさまはわ…

あいさつ

ともだちには よっ こうはいには よう せんぱいには こんちわっす せんせいには こんにちは いぬには なでなで おなじいみでも あいさつのしかたは あいてによって ちがってくるね

ほし

とおくのほしの だれかさんが とおくのほしには だれかいるのか そうぞうしてる

おなら

おなかがいたいと おならをしたくなる おならをすれば おなかをいたくする ばいきんとかが でていくきがするから

これがわたしの

おかねがなければ うばえばいい はらがたったら なぐればいい がまんなんか しなくていい ほうりつなんか くそくらえ やりたいように やればいい じゃまするやつは みなごろし これがわたしの いきられないみち

ゆめ

ゆめがないってだめなこと? もしもらいおんになりたいという ゆめがあってもぜったいにかなわない ぜったいにかなわないゆめなら ないほうがいいんじゃないの? ぼくはゆめがなくてもいいや まいにちたのしくいきれたらそれでいいや まいにちたのしくいきる…

わからないこと

わからないこと どうしてそらはあおいのか どうしてうみはあおいのか わからないこと ぼくはちきゅうのいちぶで ちきゅうはぎんがのいちぶで ぎんがはうちゅうのいちぶだけど うちゅうはなにのいちぶなのか わからないこと えらそうにすることは ちっともえ…

いなか

かわがきれいでくうきもきれい しぜんをかんじれていいなあ またあそびにきたい なつはかぶとむしがいるし ふゆはかまくらをつくれるなんて きみはいいところにすんでるねって とかいのひとにいわれたけど しょうじきぼくは とかいのほうがいいとおもう とか…

ぱちんこ

ぼくのとうちゃんは まいにちぱちんこいくねん ぱちんこっていうのは かったらおかねをもらえて まけたらおかねがなくなるねん とうちゃんはぱちんこで かつんはめちゃめちゃたまにで まけるんがほとんどやねん やのにまいにちぱちんこいくねん とうちゃんは…

じょしかい

じょしはおんなだけど おんながじょしとはかぎらない おんなだっていろいろ おんながじょしのこともあれば おねえさんのこともあるし おばあさんのこともあれば おばさんのこともある おばさんがあつまっても おばさんはおばさんなのに じょしかいっていうの…

ひとりのじかん

ひとりのじかんをとられるのはいや みんながみんなひとりのじかんに くるしんでいるわけじゃない ひとりのじかんをだいじにするひとは たくさんいるんだよ ひとりのじかんはひとりのもの ひとりのじかんはひとりっきりで ぼんやりしていたいんだ

おーい

おーい、と よびかけるひとでいたい どうしたー、と かえせるひとでいたい そういうひとは そうじゃないひとより あかるくいきられる そういうひとは そうじゃないひとのことも たいせつにできる

なまえ

やさしくないゆうこちゃん ほそくないほそいくん つよくないつよしくん あまいものがにがてなさとうさん ふりょうのよしとせんぱい せのひくいたかこちゃん もりもりじゃないもりくん のろのろしてるはやしさん ねえ、ひとはぜんぜん なまえのとおりじゃない…

あめ

あめがふる あめじゃなくて あめがふる あめをなめる あめじゃなくて あめをなめる あめとあめ どっちがどっちか わかるかな

いつか

だいとうりょうもいつかしぬ やきゅうせんしゅもいつかしぬ おんなにもててもいつかしぬ とうだいいってもいつかしぬ めちゃがんばってもいつかしぬ がんばらなくてもいつかしぬ なにをしたっていつかしぬ しなないようなきがするけれど やっぱりぼくもしぬ…

うんこ

うんこ きみは くさいとおもわれて へいきなのかい うんこ きみは きらわれて へいきなのかい うんこ きみは ないたりわらったり するのかい うんこ きみは ぼくのうんこで よかったかい

ぞう

しんせつなぞう あついときに みずをかけてくれる けいさつのぞう はなのてっぽうで はんにんをうつ あいさつがぞう あったときに ぱおーはよーんという かんせつがぞう ひじやひざで みずをすいこめる

せっ

せっ したい とてもせっ したい もしもせっ できたら あのことせっ できたら しあわせっ だろうなあ

かえる

かえるかえる どこへかえる おうちへかえる いそいでかえる ぴょんぴょんかえる わたしもかえる おうちへかえる おうちへかえって ふくをきがえる ごはんをたべて おふろにはいる かえるとわたし おうちがあって よかったねえ

てんさい

ぼくはてんさい あたまはよくないけど さるのまねができるよ ぼくはてんさい あしははやくないけど かえうたをつくれるよ ぼくはてんさい みんなはわかってない ぼくがてんさいだって ぼくはてんさい ところでてんさいって どういういみなんだろ

なんとなく調子がいい

なんとなく調子がいいのだが、この感じが普通の人にとっては普通なんだろうなと思う。普通の人に言ってやりたい。「おい!お前のソーソーは僕にとってはグッドだぞ!羨ましいぞ!お小遣ください!」つって。普通とは何だみたいな議論になると、知らんがな、…

機械

合理的ニナリタクテ、 理性的ニナリタクテ、 客観的ニナリタクテ、 計画的ニナリタクテ、 ツマリ機械ニアコガレテ、 機械ノヨウナ人間ニナッタガ、 サミシサダケハキエナカッタ。

なんだっていい

なんだっていい げんきでさえいてくれたら なんだっていい ばかでもむしょくでも なんだっていい むくちでもマイノリティでも ほんとうに? ほんとうさ げんきでさえいてくれたら なんだっていい そうおもっているひとが このせかいには きみがおもっている…

そうだね

「そうだね、っていってくれるから、 まちがっていてもぼくは、 だよね、っていえるんだ。 そうだね、っていってくれるから、 あいまいでもぼくは、いきていけるんだ。 そうだね、っていってくれることは、 ありがたいことだね」ってぼくがいったら、 きみは…

特急はいいぞ

都会のサラリーマンたちと違って、通勤のために満員電車に乗ることがない。もっと言うと電車に乗らない。電車に乗るのは、都会に何かしら用事がある時のみだ。 で、今日は用事というほどではなく、準用事(そんな言葉はないが)で都会に出てきた。電車を使っ…

わざわざ

わざわざしなくてよいことを、 わざわざするのはおかしいね。 わたしわざわざしてばかり。 わざわざいやなことをおもいだして、 わざわざいやなきぶんになったり、 わざわざもうそうをして、 わざわざふあんになったり、 おこったり、あせったり。 わざわざ…

チーノ

ペペロンチーノ ペペがなければロンチーノ ロンがなければペペチーノ サフランライス サフがなければランライス フラがなければサンライス ひるはおそとでランチーノ もらさないでねウンチーノ よるがあけるよサンライズ あさのあいさつなんだっけ

おじさん

ぼくがおじさんになったら わかいひとたちに きもちわるいっておもわれるかな ぼくがおじさんになったら しごとがたいへんで くるしいきもちになるかな おじさんになったら ぜったいにうんこをもらせないのかな どうしよう ぼくおじさんになりたくないよ せ…

ちんぽ

あるひとがいて ないひとがいて ふしぎだね ちんぽ ぼくにはあるよ ちんぽ きみにはあるかな ちんぽ あってもなくても ぼくはぼくかな あってもなくても きみはきみかな ちんぽがあっても おとなしくていい ちんぽがなくても わんぱくでいい あってもなくて…

煙草、童貞、中林

煙草を吸い始めたのは19才だった。最初は何が旨いのか分からずに吸っていた。変な言い方をすると、頑張って吸っていた。早く大人になりたかった。僕はもうすぐ30才になるが、今の精神年齢が19才くらいで、あの頃の精神年齢は14才くらいだった。たぶ…

ニート、それは空白。

ニートだった時期がある。社会に出てから今までの半分くらいはニートだ。生まれてきてすみません。今は働いているとは言い難いけれど働いている(どっちだよ)。けれど、気持ち的には7割くらいニートだ。そういうだめだめな自分を何とか肯定しようと以下の…

線を引く

ちょっと前に、HSP(ハイセンシティブパーソン)関連の本を読んだ。それによると、HSPの人というのは相手と自分の境界線が曖昧になってしまいがちらしい。僕がHSPかどうかは分からないけれど、境界線が曖昧になる感覚は何となく分かるような気がする。なので…

等身大・尊大・おどおど

等身大でいようとするのはしんどい。たとえば誰かと話すとき、等身大でいようとすればおどおどしてしまう。おどおどするのは正直しんどい。僕は自分に自信がないし、たぶん自己肯定感も低いから、等身大でいようとすればおどおどするのは、自分を正当化する…

こころの季節

夏に冷やされたこころが、冬に暖められる。人は基本、活動的な時(夏)にこころを消耗し、活動的でない時(冬)にこころを回復させる。しかし例外はある。後で書くけれど、活動的でない時が長くなると、活動的でない時なのにこころを消耗する。人は夏ばかり…

旅に出る

腹を立てない人はいない。僕はそう思っている。ずっと穏やかな人はいない。僕はそう思っている。だれだってだれかにムカついたり、イライラするときがある。もしもあなたが、「私は腹を立てたりしない。ずっと穏やかな気持ちでいるわ。」と思っているのなら…

special lemonade

重さのない体になれたら、 きっと言葉なんかいらないのに。 体に重さがあるせいで、 言葉を必要としてしまう私は、 みんなが夜の寝室でこっそり飲んでいる、 特別なレモネードのつくりかたを知らない。 キョどるのは劣っているからではないと あいつが認識し…

しょうがねえ

長い間そこに住んでいたら、そりゃあそこを中心にして考えてしまうだろう。そこが嫌になってそこではないどこかへ行く、なんていうのも結局、そこが出発点になっているし、あなたがそこにそれなりに長い間住んでいたら、逃れようもなく、あなたの中心はそこ…

小さな庭を旅しながら

悲しみにゆらされないように、 静かになっていこうね。 悲しみがあふれないように、 軽薄になっていこうね。 空が落ちてきそうなくらいつらいとき、 頼れるものがj-popと文庫本だけにならないように、 ちゃんと遊んでおかないとね。 にせものの愛にだまされ…

kuzu

クズのいない世界でクズとして生きるなら、 きっと幸せなのだろう。 まわりのやつらがみんなクズに思えるなら、 きみもきっとクズなのだろう。 自分のことを、 壊れかけのレディオのように思えるときは、 地球にいるほとんどのおっさんは、 ティッシュよりも…

自己肯定感とそれに似た言葉

自己肯定感について書きたくなった。なぜ書きたくなったかというと、有名なブロガーの方が「私の使っている自己肯定感の意味と他の人が使っている自己肯定感の意味が違っているようだ」というようなことを書かれていて、僕はそれを読み、自己肯定感という言…

蟻感

先週、友人の披露宴に行ってきた。行きたくないなあ嫌だなあと3か月くらい前から思っていた。マウンティングや見下しが発生するかもしれないと思うと、行きたくなくなる。そもそも視線恐怖症っぽいところがあるので、集まりが苦手だ。披露宴の直前に精神を…

わたしが天才だったとき

わたしは自分のことを天才だと思っていた。具体的には中学三年〜高校一年の秋まで、わたしは自分のことを天才だと思っていた。 わたしが自分のことを天才だと思うようになったきっかけは、おげれつハイテンションというテレビ番組だった。中学三年のある日、…

2016/10/9

トップスをティーシャツ一枚で外へ出ると寒いくらいになってきた。季節はもう秋になっている。ほんの少し、もう冬の匂いがしている。わたしは図書館の駐車場で煙草を吸っている。太陽があたたかい。 勉強用のテキスト四冊とノート一冊、それからボトル缶のコ…

少子化が進みまくった社会を超テキトーに想像してみた

ワシャハゲ共和国の諺に「病気になるリスクのないセックスは楽しい」というのがある。セックス、それは本来であれば子供を作る行為だ。しかし私たちは快楽を得るためにセックスをする。それはワシャハゲ共和国も日本も変わらない。 私は子供がいないので、親…

「やる気」に対する違和感

アルゼンチンで暮らし始めてもうすぐ三ヶ月。日本を恋しく思うこともなくなり、異国での生活にすっかり慣れてしまった。ルームメイトのヨランダが優しくて本当に良かった。彼女の作るチュッパチャプスの丸焼きは最高だから、あなたにも食べてほしい。仕事に…